おすすめスポット 老眼めがね博物館

老眼めがね博物館

更新日:

老眼めがね博物館

雑司が谷 七福神 布袋尊の向かいに位置し始めての来店者に老眼鏡、サングラス無料プレゼントコーナーあり!行くだけでご利益あり!!!

老眼めがね博物館は、既製品の老眼鏡を扱っているお店です。かつてメガネの卸問屋だった倉庫(東京都豊島区南池袋)を改装して、2009年から老眼鏡アウトレットとして営業しています。

これでもかと並べられたメガネ!メガネ!メガネ!何も知らずに歩いていても、きっと気づいてしまうこちらのお店が「老眼めがね博物館」です。

パーティ用のサングラスから老眼鏡まで、さまざまな種類のメガネがどれも激安なお値段で販売されています。

お店の外観のインパクトに負けないお値段。

「日本一安く、日本一大量に、日本一種類豊富で、日本一やさしく、日本一質素に」をモットーとして営業させていただいております。

老眼鏡が48円から、遠近両用395円から。高級素材のチタンフレーム2950円、形状記憶合金1500円などもあります。また、めがねチェーン38円、めがねスタンド48円、サングラス29円など、各種めがね用品も豊富に揃っています。

掘り出し物がきっと見つかるこちらのお店で、あなたもお気に入りメガネをゲットしてみてください。

老眼めがね博物館とは

テレビや雑誌などの様々なメディアに取り上げられている池袋の観光名所的存在「老眼めがね博物館」

独特な独自の方法で老眼鏡を販売されていると注目を集めています。
店主が「老眼めがね博物館」を開業する前は、季節ごとに場所を変えて全国の催事場で老眼鏡を販売していたそうです。

このめがねが張り巡らされた店舗デザインが独特。

老眼めがね博物館は観光バスツアーが入ります

「老眼めがね博物館」はなんと観光バスツアーの立ち寄り場所にもなっています。
池袋に来たら、ガイドさんに「老眼めがね博物館に寄って!」とお願いして下さい。ツアーのお客さん全員にプレゼントあり?(予約の電話を)

老眼めがね博物館はサングラス陳列 日本一!!

店内の壁面・天井などに、10,000本のサングラス群を展示。新製品、未来型サングラスから、大正・昭和期のアンティークなサングラスまで、存分にお楽しみいただけます。

<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">本日も池袋・老眼めがね博物館へGo!<br>アタシ2days!<br><br>そしてまた特に必要もないサングラスを2本購入。<br><br>ちなみに2日間で6本購入、計2500円くらいという謎。<br><br>本当は店内ありとあらゆる所にツッコミ要素満載だけど、それはいつか池袋でライブをやった時に言おう。<br><br>オジサンありがとう。<br>(写真右下☆) <a href="https://t.co/AovIoLAJ84">pic.twitter.com/AovIoLAJ84</a></p>— ロリータ18号/石坂マサヨ (@__lolita18__) <a href="https://twitter.com/__lolita18__/status/1109091831109685248?ref_src=twsrc%5Etfw">March 22, 2019</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

老眼めがね博物館のPOPに注目!

老眼めがね博物館のお店のPOPは、いろいろなサイトで取り上げられるほどユニーク。POPだけでも話題になるほど。
テレビなどメディアの取材がたくさん行っていて、POP含めて、このお店自体が宣伝になっているようです。

店舗情報 老眼めがね博物館
所在地 〒171-0022  東京都豊島区南池袋3-16-9
(ジュンク堂書店横、東通り入る150m右側)
営業期間 営業時間:10:30~19:00
定休日:水曜
所在地 〒171-0022  東京都豊島区南池袋3-16-9
電話番号 03-3984-5652
交通アクセス 池袋駅西部南口から徒歩約4分
丸ノ内・有楽町・副都心線 池袋駅から徒歩6分

 

出典:https://findmy.tokyo/challenge/574
老眼めがね博物館
めがね新聞

-おすすめスポット, 老眼めがね博物館
-

Copyright© 池袋タウンレポート , 2021 All Rights Reserved.