【PR】友達との借金は返さなくていい?

経済・お金

お金を借りるならここ

お金を借りる時、チェックしたい比較ポイント!
お金を借りる方法や注意点についてまとめてみました。是非ご参考下さい。

特に今までお金を借りたことがない方にとって、その方法や注意点を知らないと思わぬトラブルに遭遇することもあります。

借りやすさも大切ですが、返しやすさも重要ですので、色々な観点で借りる前に比較してみることをおすすめします。

最近では必要になった時に簡単に申し込みができ、即日融資が受けられる業者も増えてきました。
また、近くにあるコンビニATMや銀行ATMが使えるところも増えてきたのでチェックしてみることもおすすめします。
こそで、お金を借りる時、チェックしたい比較ポインについてお得な情報を発信しております。

是非ご参考下さい。

参考サイト:お金を借りるなら

消費者金融と銀行 お金を借りる

消費者金融と銀行、お金を借りるの比較したいポイントは?

日常生活を送る中で、資金調達のためにお金を借りることになる機会は何度かあります。

お金を借りる場合の借入先としてまず思い浮かべるのは銀行をはじめとする金融機関や消費者金融をはじめとする貸金業者ですが、これらを比較する時にどのような点に注目すれば良いでしょうか。

お金を借りるという点から銀行と消費者金融を比較する場合、まず着目すべき点は金利です。現行の法律では、金利の上限は借入額に応じて15~20%の間で変動する仕組みになっていますが、貸金業者は上限に近い18%の利率を設定しているところが多いのに対して、金融機関の場合はそれより低い14%前後で設定されている所が多いです。

また、両者を比較する場合に総量規制の適用の有無も着目すべき点として挙げられます。総量規制は貸金業法の規定であるため、適用の対象となるのは貸金業者として登録している企業です。

 

そのため、消費者金融はこの規制の適用を受け、年収の3分の1を超えて借り入れを行うことはできません。

一方、金融機関は貸金業法による規制を受けないので、総量規制の適用も受けません。

その代わり、金融機関では貸し付けに関する審査は貸金業者以上に厳格に行われます。

 

職業別で比較するお金をかりやすい方法

消費者金融会社でキャッシングの申し込みをしてお金を借りる場合には審査を受けなければなりません。

その審査で特に問題がなければスムーズに通りますが、金融会社の審査基準は決まっています。

基本的には、身分を明らかにすることです。

そのために、氏名、年齢、住所、職業、年収、独身や既婚の別などを確認します。

確認する上で運転免許証などの身分証明証の提出や年収証明書の提出を求めます。

申込書と書類確認をした上で、内容に間違いがないかを確認します。

このお金を借りる際に、金融事故がなければ大抵はお金を借りることができますが、職業によって借り入れることができる金額に多少の違いが出ることもあります。

職業別で比較した時に、最も信頼されるのが公務員です。

それは、倒産することがないので、お金を返済する信頼度が高いためです。

その他、世間的に名前が通っている企業も信頼度は高いです。

これらの職業の場合は、間違いなく審査に通ります。

しかし、他の会社で比較された時に信頼度の度合いは低くなっても、基本的に審査は甘いので、他の会社の場合でも審査に通らないということはないため心配の必要はありません。

お金の借り入れ方法を比較:キャッシング

キャッシングでお金を借りる方法は、いくつか用意されています。

どの業者でも使える借入方法は、窓口に行く方法です。

しかし、銀行や窓口に行くと手間がかかります。

お金を借りる事を急いでいるときは、近くに窓口がないと使えない借入方法でもあります。

比較的手間がかからず多くに人が利用しているのは、提携先にあるコンビニのATMです。

窓口と比較すると提携先のコンビニは数多くありますし、24時間利用可能です。

利便性が抜群に高いので、コンビニのATMでお金を借りる人は多くいます。

最近増えているのは、ネットを使ったキャッシングです。

この借入方法は、業者のサイトで手続きをすると口座にお金を振り込んでくれます。

あとは口座からお金を引き出すだけで、借りることができるのです。

窓口やコンビニのATMと比較すると、時間だけではなく場所も問わずに利用できます。

ネットバンクと組み合わせて利用すれば、外出しなくても借りられる方法です。

 

お金の借り入れ方法を比較

急にお金が必要になった時に借りる借入方法としては、カードローンは非常に優れた金融商品であると言えます。

このサービスはインターネットなどオンラインで24時間対応で契約できる金融機関が増えてきており、営業時間内に申し込みを行えば最短で即日融資も可能というスピーディな対応に定評があります。この様なお金を借りることのできるサービスとしては他のサービスに比較してもスピード面で非常に優れているということが出来ます。

この様なサービスを利用する人は単純にお金が無いという人もいれば、資産は持っているが自由に動かすことのできる現金が乏しいという人まで色々います。

前者であれば働くしかありませんが、後者であれば上手に様々なサービスを比較することで有利な条件でお金を借りるということができるでしょう。

かつてに比べてお金を借りるということのハードルが下がりつつありますが、それでも金銭のやり取りには注意をしすぎてしすぎであるということはないでしょう

銀行でお金を借りる

銀行からお金を借りる時に借入方法を比較するなら、まずはどんな方法から融資をしてくれるのかを見ていきます。

店頭、ATM、インターネット、電話などなど、様々な融資方法があります。こうした方法からどのような方法を利用できるのかをしっかりと比較しましょう。一般的にお金を借りるときはATMかインターネットを使うことが一番多いです。

そこで、お金の借入方法としてATMはコンビニを利用できるかどうかを比較しましょう。ATMは使えるけれどコンビニのATMは利用できないというところもあります。

誰にとってもコンビニのATMは使いたいところです。最も早くATMを発見できるからです。インターネットに関しては振込融資となりますが、これを利用できるかどうかを見ていくとよいです。

このインターネットからの振込融資でも、何時まで対応しているのか、土日や祝日は対応しているのかをチェックしておくとよいです。上記の点をしっかりと比較しましょう。

友達との借金は返さなくていい?

仲のいい友達との外出中にお金が足りなくなると、つい気軽な気分でお金を貸してほしいとお願いする人がいます。

そんな時に借用書を書いたうえで正式な借金として取り扱う人もいれば、お金は返さなくてもいいと言ってくる人もいるでしょう。

これは信頼できる友達だからこそ起こりうることですが、口約束で借金の免除を告げてもその後にお金が必要になると、やはり返してほしいと訴えてくるケースは多々あります。

借りる側としては返済の義務がなかったものを急に返さなくてはいけなくなるので、面食らうこともあるでしょう。
口約束で借金
ただ一般的には口頭でも返さなくていいと言った以上、返済の義務はないと見るのが妥当です。

しかしここで問題となるのが、その友達との関係です。

いくら返す義務がないといっても、自分の都合でその友達からお金を借りた事実は消えません。

つまり相手からすれば借金した人は、お金を借りたにもかかわらず言い訳をして返そうともしない人という最低のレッテルが貼られることになります。

つまり友達としての親しい関係を今後も維持するのは、非常に難しくなるでしょう。

その人との関係を大事にしたいのであれば、支払いの義務などを検討するより前に返済するのがベストな選択肢です。
友人間に借金について

タイトルとURLをコピーしました