庭園・神社・仏閣 御嶽神社

「池袋御嶽神社」は池袋のパワースポット

更新日:

池袋御嶽神社(いけぶくろみたけじんじゃ)は、東京都豊島区池袋にある神社です。

繁華街の雑踏を抜けた住宅街に池袋のパワースポット「池袋御嶽神社」をご存じでしょうか。

池袋御嶽神社とは

「池袋御嶽神社」は東京都豊島区池袋3-51-2の住宅街の静かで落ち着いた場所にあり、ご祭神は倭健命(やまとたけるのみこと)、神武天皇(じんむてんのう)、武甕槌命(たけみかづちのみこと)です。

鎮座は詳しくは不明ですが、天正年間の創建と伝えられており、1573年~1592年ごろと言われています。

池袋駅西口一帯の鎮守であり、近年は池袋の袋とフクロウの音が似るところから、苦労を除き(不苦労)福を呼び込む(福籠)神としてフクロウのお守りが授与されています。

御嶽神社

池袋御嶽神社 由緒

鎮座した年代は不詳ですが、天正年間頃に鎮座し、貞享4年(1687年)に社殿が創建されたといわれています。

また、古老の話によると武田勝頼(1546~1583)の家臣団が甲州より池袋の地に逃れ、持参してきた神宝でこの地に神社を造営したという伝承も残っています。

嘉永六年(1854)に社殿が造営され、幕末明治期には絵師、堤等川による大絵馬が数面奉納されています。昭和13年(1938)には村社に社格が昇格し、社名が三嶽神社から御嶽神社に改称されました。

平成14年(2002)梟親子像が設置。池袋の袋と鳥の梟の発音が良く似ており、また梟は苦労を除き福を呼込む(不苦労・福籠)神様とも言われる事から、近年梟のお守りが授与されています。

池袋御嶽神社は池袋西口一帯を守る鎮守の社。災難除、厄除、防火のご利益があると言われています。

池袋御嶽神社境内にある「子育稲荷神社」も人気スポット

拝殿の右手に保食神(ウケモチノカミ)を祀る末社の「子育稲荷神社」があり、こちらは子育て、子授け、安産にご利益があり、多くの方が訪れています。

本殿には願い事が書かれた狐の形をした絵馬がたくさん飾られています。子育て、子授け、安産のご利益を求めている方は、試してみてはいかがでしょうか。

池袋御嶽神社 フクロウの像

池袋の「袋」をもじってフクロウのお参りを頒布しています。境内にはフクロウの石像があり、御朱印にもフクロウのキャラクターの押印があります。

池袋御嶽神社には平成14年にフクロウの像が設置されました。

さらにフクロウには様々な演技の良いご利益があるとされています。
フクロウは苦労を除いてくれる「不苦労」福がこもる「福籠」といってご利益があるとされています。
フクロウは首が良く回ることから、経営不信の時に言われる「首が回らない」ではなく「首が回る」商売がうまくいくとして、商売繁盛の神様ともいわれています。

「池袋御嶽神社」にも歴史を感じさせる、風格のある「手水舎」の近くにフクロウの親子の像が設置されています。
こちらの像は池袋に3番目に設置されたといわれるフクロウの親子像です。

「池袋御嶽神社」にはフクロウのお守りなども手にすることができます。
「手水舎」の後ろにはちょっとした広場になっており、滑り台などが設置されているため、小さなお子さんが遊んでいる姿も見かけます。

御嶽神社は池袋のパワースポット?

『池袋御嶽神社』は池袋の中でも人気なパワースポットとして有名。休日にはご利益を求めて多くの方が参拝する神社です。

災難除、厄除き、防災にご利益がある神社ですので、初詣や七五三に家族で訪れる際にはもちろんのこと、普段と違う過ごし方を考えているカップルにもおすすめの池袋スポットです。

お一人でゆったりと過ごしたいときや、また出産を控えた夫婦の方たちも安産祈願で訪れてみてはいかがでしょうか。

また1年に一度の例大祭・ふくろ祭りは非常に盛り上がる為、一見の価値があります。

所在地 〒171-0014 東京都豊島区池袋3-51-2
交通情報 JR「池袋駅」西口 徒歩10分
関連サイト http://mitakejinjya.sakura.ne.jp/

出典:Wikipedia
御嶽神社 - 東京都神社庁

-庭園・神社・仏閣, 御嶽神社
-,

Copyright© 池袋タウンレポート , 2021 All Rights Reserved.